YouTube経由で合作のお誘いをいただき録音してみました

昨年の11月にYouTube経由でベースを弾きませんか?というお誘いをいただきました。

 

 

スイングジャズのカバーを製作してて、ベースとして参加してみませんか?完成したらYouTubeでアップします。

 

是非よろしくお願いします!

 

という感じ。

 

 

いや、こんな嬉しいことはない!

 

 

 

別に僕はプロの方みたいにアドリブソロができるわけじゃないし、ピッチもいいワケじゃないし、楽器も鳴らせるわけじゃないのです。

 

でも、ベースは上達はしたい!
アドリブやアンサンブルに興味があるし、少しでも上達するために時々練習してる動画や録音をYouTubeにアップしてました。

 

最初は、学生の頃の思い出を残すためとハードディスク節約のためにYouTubeにアップしてただけ。今回このような機会をいただいて、決して大した内容じゃなかったけど地道に動画アップしててよかったなぁとつくづく思うのです。

 

 

 

 

ただ、今東京の住まいにウッドベースが無く、年末に帰省したタイミングでも大丈夫ですか大丈夫です、という話でしばらくお時間をいただくことに。

 

 

 

やる曲

Billy Holiday の Without Your Love という曲。

 


コード的にはF。
なんとなくありがちなコードのよう。安心したぁ

 

ただ、試練が3つあって…
①コード譜がないということ
②ギターの方が元ネタとは若干違うコードですでに録音をされていること
③元ネタのテンポがすんげぇ曖昧なこと

 

 

 

①は頑張ってコードとるけど、②と③は結構厳しいなと。笑

 

コードは自分でとりつつ、ギターの方の録音もあるので進行は極力シンプルなⅡ-Ⅴで仕上げました。
例えば、元ネタでは裏コード使ってるようなところを、あえてⅡ-Ⅴの進行にすることでギターの音カバーしできる、みたいな。

いや、できてるかわかんないけど…。

 

テンポはもう気にせずなんとなくです!爆
あとでベースの録音だけ聴いたら、全然グルーブしてなかった…

 

スポンサード リンク



 

 

機材

マイクは実家にあったものを使い、僕はオーディオインターフェイスを持ってないので父のものを借りました。

 

UA-30 という昔のオーディオインターフェイス。

 

%e9%80%b1%e8%a8%98_%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%86%e3%82%99%e3%82%a3%e3%82%aa%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%95%e3%82%a7%e3%82%a4%e3%82%b9

 

 

UA-30はUSBバスパワーなせいか、出力が小さいのがイタイ…
イコライザーとは言わないけど、せめてハイミッドローくらい欲しいところ。

 

以前買ったUCG-102というオーディオIFもUSBバスパワーで出力が超小さいという残念さが否めなかったけど、それよりはノイズもないしボリュームコントローラーもあるしだいぶマシ!

 

 

でも今回は、普段自分が聴いてる生音にこだわりたかったので、マイクの位置を研究しつつ、いかに音を鳴らすかというところに注力しました。

 

%e9%80%b1%e8%a8%98_%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%82%af

 

 

というのも、イヤホンで聴くとちょーっとだけ低音が物足りないんだけど、スピーカーで聴くと低音が膨らみすぎて、最終的にどこにマイクを置くか悩みました。
Fホールに近づけすぎると低音が膨らんでしまうのと、コマの正面だと低音が少なく高音が目立ってしまうので。

 

 

最終的にうちのスピーカーの特性なんじゃないかという判断で落ち着きました。
ミックスでちょうど良い感じにしていただけると嬉しいなぁ。笑

 

%e9%80%b1%e8%a8%98_%e3%83%9f%e3%82%ad%e3%82%b5%e3%83%bc※これはミキサーね

 

 

 

やり残したこと

歌モノはあんまり聞く機会がないのでアプローチの仕方が正直わからなかったのです。

 

今回の曲はツービート部分が多いので、ベースラインの途中にコンピングを入れる機会がたくさんある。
もちろんボーカルを邪魔しないようにコンピングをいれるよう意識するんだけど、もっと歌モノの曲をやるときのアプローチの引き出しをもっと増やして録音に臨めばよかったなと後悔してます。

 

 

スポンサード リンク

 

 

最後に

こういう機会をいただいて一番思ったのは、本番に弱いなってこと。笑

 

ライブであればなんとなくごまかせるようなことも、録音となるとごまかしきれないところもあるし、録音してると思うと気が紛れて失敗テイクが増えるなんてことも何度かありました。
ピッチもよくないしベースラインの引き出しも少ないなぁと。笑

 

 

ただ、それに改めて気付けたのはほんとによかった!
また練習のしがいがあるし、何よりああでもないこうでもないと試行錯誤してる間が本当に楽しかったので。

 

また地道に練習を重ねていけたらいいなと思います。

 

 

 

 

ちょっと余計なことしてみました。

 

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました!

スポンサード リンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です