amazonでベストセラーの720Pと1080Pのウェブカメラを比較レビュー!

YouTubeで動画配信をはじめたんですが、前回はMacBookProのインカムで撮影をしました。

そしたらやっぱり画質がよくなかったんですよね。

こんな感じでぼんやりした映像でした…

このやっぱりこの画質で続けていくのはちょっと心もとないので、思い切ってamazonでウェブカムを購入しました!

今回購入したのはこちらです。

AUSDOM USBウェブカメラ!

¥2,999で買いました!primeなので送料無料です!)
やっす!

ちなみに我が家には奥さまが持っていた720PのUSBウェブカメラもあるんです。
720Pと1080P、それぞれのamazonベストセラー商品があるので、比較をしてみたいと思います!

ま、解像度違うもの比較する意味があるのかわかりませんが、720Pと1080Pどっち買おうかなって思っていらっしゃる方がいたら、参考になるかもと思い立った次第でございます。

よければお付き合いください!

目次

720P?1080P?

720Pとか、1080Pとか当たり前のように言ってますが、これは映像の解像度のことです。

横の画素数 縦の画素数
720P 1280ピクセル 720ピクセル
1080P 1920ピクセル 1080ピクセル

要するに、1080Pの方が解像度が高い(画素数が多い)ため、より鮮明な映像が撮影・配信できますよ、という話です。

今ってデスクトップPCのディスプレイ解像度って基本的に1080Pなんですね。
そこにそれより解像度の小さい720Pを画面いっぱい表示させたら、映像が引き伸ばされて画質が悪くなるのはなんとなく想像がつきますよね。

AUSDOM USBウェブカメラ(1080P)

AUSDOMのUSBウェブカメラのスペックスペックを簡単にご紹介します。

見た目はこんな感じです。

Pixarの映画のオープニングにこういう3Dのキャラクター出てきますよね

全体の構造

下のアームの部分をぐにゃぐにゃ曲げることができるので、それでPCのディスプレイなどを挟み込む感じです。
ただ、やはりこう言ったカメラによくあることだと思いますが、しっかり画面を挟みこむようなグリップ力はないので、引っかけて乗せるだけってイメージです。

また、下の土台部分はそのままでカメラ部分だけ動かせます。

カメラは上下にも左右にも回転させることができるので、そこはすごく便利ですね!

画質・レンズ

解像度は 1920 x 1080 ピクセルです。
1280 x 720 ピクセルでの撮影も可能みたいです。

あと、フレームレートは30fps。
(一秒間に撮影するコマ数です。まぁ30が一般的です。)

オートフォーカスなどの機能はありません。
手動で調整ができるので、僕のように焦点を固定したままで良いという場合は問題ありません。
しかし、動くものを撮影されたい場合はピントがズレて使いにくいかもしれませんね。

内蔵マイク

なんとマイクも内蔵されているのです!
全指向性なので、その環境の音を広くひろうイメージですね。

環境音がうるさい場合にはそれもある程度拾ってしまうので注意が必要です!

その他仕様、特記事項

USBコネクタの規格はUSB2.0です。
USB3.0のパソコンでも使えますが、2.0以上の速さは出なさそうです。

また、Macに接続したら何も設定せず、すぐに使えます。
Windowsの場合は同梱されているCDでドライバをインストールする必要があるかもしれません。

LOGICOOL 720Pウェブカム

こちらは奥さまのウェブカメラです。

¥1,697で買ったそうです。(同じくprimeで送料は無料です。)
やっす!!笑

何より安いのがウリのカメラですね。

解像度は720Pなので、1080Pと比べると画質は落ちるはずです。
画質を比較してみたいと思います!

画質や画角の比較

まずは気になる画質の比較です。

あえて撮影が難しい、コントラストの強い風景を撮影します。

720P

1080P

実際はここまでカーテンの色は青くないのでちょっと補正がかかっているようです。
でも明るく撮れていますね。

720P

1080P

720P

1080P

まず、明るさがかなり違いますね。
1080Pの方が明るく撮れますが、ピントを合わせなければなりません。

逆に720Pは恐らくピント調整など必要ないけど、暗くてコントラストの薄い映像しか撮れません。
あと、720Pは画角が狭いですね。

720Pは画角が60度、1080Pは65度と、画角にも若干差がありました。
画角が広い方が、広角で撮影ができるということです。

一番気になったのは720Pは映像にノイズが入りやすいです。
逆に1080Pの方はノイズがないので、ピントがしっかり合えば割と鮮明な映像でした。

とにかく、画質はやはり1080Pの方が良いのがおわかりいただけたと思います。
画質重視でUSBウェブカメラをお探しの方は、参考にしてみてください。

気になった点

画質については不満はないんですが、ひとつ気になったところがありました。

このカメラ、すごく固定しづらいんですよね。

ちょっと上のアングルから撮影して手元を写したいとき、こんなふうに取り付けるわけですね。

後ろのグニャグニャワイヤーは画面を挟み込んでいるというよりは、引っかけてるだけなんです。
なので、実はこれ結構不安定です。
もし、コードに触ってしまったり、ディスプレイを前に倒したりすると、カメラがコロンと前に倒れてしまわないか心配です。

だからといって三脚に固定するパーツとかもないので、ちょっと場合によってはカメラ位置を決めるのに苦労しそうです。

そこだけが不満ですかね。
その他は満足してます。

このカメラで配信します

明日水曜の午後10時頃から、靴磨きのライブ配信をします。
前回よりも画質も音質も良くなってるはずなので、どう映るか楽しみです!

できれば毎週やっていきたいなぁって思ってます。

決してプロの方のように手際よく美しい鏡面にできるわけではありませんが、自分の靴磨きの練習と情報発信も兼ねて楽しくやっていきたいと思います。

よければ見にきてくださいね。

> くすみのYouTubeチャンネルはこちら

最後までお付き合いいただきありがとうございました!

related Entries

関連記事

Subscribe on YouTube

YouTubeチャンネルの最新動画はこちら

Profile

プロフィール

『革靴の魅力や靴磨きの楽しさをもっと多くの人に知ってほしい』という想いでブログやYouTubeで情報発信を行っています。 前職の経験からシューメーカーのブランドサイトやオンラインショップの制作・カスタマイズ、広告運用を受け持ったり、ブランディングや商品開発のコンサルなども手がけています。
詳しいプロフィール

月間最高閲覧数41万ページ
webサイト設計・コンサルティング
お問い合わせ

feedly でブログ更新情報を受け取りませんか?
feedly の無料アプリをご利用いただくとさらに便利です。