靴のかかと修理の値段の相場を算出【修理料金まとめ】

%e9%9d%b4%e3%81%ae%e3%81%8b%e3%81%8b%e3%81%a8%e4%bf%ae%e7%90%86%e5%80%a4%e6%ae%b5%e7%9b%b8%e5%a0%b4

 

靴のかかと修理は大切な靴を長持ちさせるためには必要不可欠です!

 

革靴のかかと修理の値段って、店によっても扱っている素材によっても金額が様々みたいです。なので、店舗展開している靴修理店をメインに、かかとの修理値段を一覧にしてみたいと思います。

 

『そろそろ靴のかかと擦り減ってきたなぁ』ってお悩み方は是非参考にしてください!

 

スポンサード リンク


 

修理屋さん一覧

ミスターミニット

スクリーンショット 2015-09-30 23.41.18

 

駅や街中でよく見るからご存知の方も多いはず。
修理内容について、わかりやすい写真お値段が掲載されてるのでとっても親切!かかとだけじゃなくて前底や靴底全体の修理も可能です。

 

他にも靴磨きや、バッグの修理、時計の電池交換、スマホ修理、などなど…修理全般は幅広く対応!修理時間は15分〜。全国に300店という圧倒的な店舗数の多さ。緊急のときはきっと便利なはず!

 

▼メンズ

ラバータイプ ¥2,600 〜 4,500(税別)
レザータイプ ¥3,000(税別)〜
ラバータイプ ビブラム5342 ¥3,000(税別)〜

※ビブラムというのはイギリスの有名な靴底メーカーの名前で、固めのゴムのような素材のかかとのこと

 

▼レディース

細めのヒール ¥1,300(税別)
太めのヒール ¥1,600(税別)
大きなヒール ¥1,600(税別)

 

特定の店舗でご利用いただけるクーポンがありますよ!もちろん男性も女性もご利用いただけるみたいです。

ミスターミニットのウェブサイト

 

ミスターミニットで革靴のかかとを修理してもらった記事はこちら

 

 

靴専科

スクリーンショット 2015-09-30 23.41.51

 

大きめの写真が掲載されていて親切。
また、修理前・修理後の写真があるので完成形がイメージしやすいです。もちろんかかと以外の修理もあるし、ご希望の方は右のメニューからアクセスしてください。
メンズ靴のメニューもレディース靴のメニューも明記されててわかりやすい!

 

ウェブサイトをリニューアルされたみたいで、とっても使いやすくなりました。ただ、どれくらい修理時間がかかるのかが記載されていないので、お急ぎの方はお近くの店舗に問い合わせてみてください。

 

▼メンズ

トップリフト(靴専科オリジナル) ¥2,500(税別)
ブランドリフト(ビブラムリフト) ¥3,000(税別)
革+ラバー ¥3,800(税別)

 

▼レディース

ピンヒール ¥1,200(税別)
かかとゴム交換(小) ¥1,500(税別)
かかとゴム交換(中) ¥1,800(税別)

 

靴専科のウェブサイト

 

> 靴専科さんで靴の修理をしてもらった記事はこちら

 

 

ミスタークラフトマン

スクリーンショット 2015-09-30 23.42.06

 

こちらも修理前・修理後の写真が掲載されているけど、写真の数は少なめ。
でも靴底だけでなく、靴の色を変えたりサイドゴアブーツの張り替え、かかと内側の修理などなど、靴好きの皆さまには喜ばれる修理内容が充実してます!

 

料金はかかとの修理面積によって異なるみたいだけど、他店と比較すると価格は割とお手頃な印象。素材や具体的な料金については、問い合わせるのが良さそう。

 

▼紳士靴

かかと修理 ¥2,000 〜 4,000(税別)

 

▼婦人靴

かかと修理 ¥1,130 〜 2,000(税別)

 

ミスタークラフトマンのウェブサイト

 

 

シャングリラ

スクリーンショット 2015-09-30 23.42.22

 

修理したいところからお値段が探せるつくりになっていて情報の検索性が高いです。
こちらも修理前・修理後の写真が掲載されてて親切。ラバーなのかレザーなのか素材によって金額も変わるのかな?かかとが削れすぎてしまった方は積み上げも追加でしてもらってくださいね。

 

修理時間の目安も記載されています。店舗情報をみると、恵比寿横浜と、五反田しかないみたいです。残念ながら利用できる人はかなり限られそうです。

 

▼メンズ

トップリフト ¥2,700 〜
積み上げ(1枚) ¥1,620

 

▼レディース

トップリフトピン ¥1,080 〜
トップリフト ¥1,296 〜

 

シャングリラのウェブサイト

 

 

リアット

スクリーンショット 2015-09-30 23.42.36

 

傷み具合や靴の状態によって修理のお値段が変化するから、具体的な金額は明示されていないのが残念。
バッグの修理の値段は載ってるので、靴もだいたいいいしこれくらいって金額の目安は書いといてもらえるといいですね。修理のメニューは豊富で、写真も大きくて見やすいので親切です。

 

でも、全国的に店舗展開されてるみたいなので、アクセスはしやすいかも。近所に店舗があってご利用を検討中の方は、問い合わせしてみてください。

 

▼メンズ・レディース

金額 不明(要問合せ)

 

リアットのウェブサイト

 

 

職人工房

img_header_logo_01

 

かかとの素材の種類が豊富なのと、素材ごとの価格が明記されているのでとっても親切!ただ、せっかく素材の種類が多いのに、写真が少ないのが残念。絶対あった方がいいのに…

 

関東には店舗が多いみたいだけど、それ以外はあまり店舗がないのでご注意を。サイトはシンプルでわかりやすいね。(2016年12月にリニューアルされたみたい!ロゴも変わったね!)

 

▼紳士靴

オリジナル ¥2,000(税別)〜
ロイヤル(強化) ¥2,600(税別)〜
スポンジタイプ ¥2,100(税別)〜
革ハーフ ¥2,900(税別)〜

 

▼婦人靴

トップリフト(強化) ¥1,300(税別)〜
ビブラム(イタリア) ¥1,300(税別)〜

 

職人工房のウェブサイト

 

 

RESH

スクリーンショット 2015-09-30 23.43.07

 

多数の素材を扱っているみたいで、それによって金額が異なるみたい。金額もちゃんと明記されてる。写真が多くて親切なんだけど、写真がすげぇちっちゃいのと説明が全く無いので上級者向けかもです。

 

全国的に店舗展開はされてるけど、1都市に1店舗という感じなのでお近くの方はラッキー!

 

▼メンズ

リフト ¥2,200 〜 ¥3,200(税別)

 

▼レディース

ピンヒール ¥900 〜 (税別)

 

RESHのウェブサイト

 

 

UNION WORKS

スクリーンショット 2015-09-30 23.43.16

 

ソール全体から、ハーフソール、もしくはヒールだけ、というように部位ごとの素材が非常に多く金額も明記されていて逆にどれにしようと迷ってしまうほど。笑

 

靴好きの皆さまのテンションはダダ上がりになること請け合い!東京にしか店舗が無いけど、送付すれば修理してもらえるみたい。金額は全体的に他店よりは若干高めです。

 

▼メンズ

ヒール ¥3,500(税別)〜

 

▼レディース

ピンリフト ¥1,500(税別)〜

 

UNION WORKSのウェブサイト

 

 

Brift H(ブリフト アッシュ)

Brift H(ブリフトアッシュ)

 

革靴が好きな方ならご存知のはず。修理の種類もたくさんあって、靴のお悩みは解決できそう。ただやっぱりちょっとお高め。

どっちかっていうと、キズとかヒビ割れとかくもりとか、色に関するお悩み解決がメインって感じのメニュー展開ですね。

 

ウェブサイトはイラストが多くて可愛いデザインになっています。

 

▼メンズ

ヒール(ラバー) ¥3,500
ヒール(レザー) ¥4,500

 

▼レディース

ピンリフト ¥1,500
トップリフト(ラバー) ¥2,500

 

Brift Hのウェブサイト

 

 

オレンジヒール

スクリーンショット 2016-01-11 10.11.26

 

店舗は日本橋渋谷ヒカリエにしかないみたいだけど、かかとだけなら割とリーズナブルだし、その他のメニューや素材も充実しててよさそう!

 

▼メンズ

ヒール ¥2,000(税別)〜

 

▼レディース

ピンリフト交換 ¥800(税別)〜

 

オレンジヒールのウェブサイト

 

 

Spica(スピカ)

spicaスピカ

 

靴の修理全般から靴磨きまでお任せできそうです。ウェブサイトは写真が多くてわかりやすいのと必要な情報にアクセスしやすいくてとっても素敵!

 

靴磨きの必要性とかコラム的な読み物も充実してるし、修理事例も掲載されてるので安心です。
麻布十番の駅徒歩7分のお店。残念ながら店舗展開はしていないのでこれからに期待しましょう。靴を送って修理もしてもらえるみたいです。

 

ヒールトップリフト交換(ビブラム#5350) 2,950円

 

Spicaのウェブサイト

 

 

ハロースミス

スクリーンショット 2016-06-04 21.15.32

 

関東、関西、中部圏のお店。修理の料金については内容によって変わるからと、一切掲載されてないので電話で問い合わせをしておくのが良さそうです。

 

ハロースミスのウェブサイト

 

 

シューシャイン東京

ShoeshineTokyo

 

東京都内に店舗展開されてるお店です。靴の修理だけじゃ無くて靴磨きにも力をいれてて、靴磨き講座も開催されてるみたいです。靴のハイブランドの紹介ページがあったりとウェブサイトのコンテンツも充実してます。

 

▼紳士靴

リフト交換 ¥2,700〜

 

▼婦人靴

ピンリフト ¥1,080〜

 

シューシャイン東京のウェブサイト

 

 

ミスタークイックマン

ミスタークイックマン

 

関西圏に店舗展開されてるお店です。かかと修理はゴムなら1,600円~2,500円とお値打ち。店頭なら15分程度で修理してもらえるみたいです。

 

かかと交換(ゴム) ¥1,600~2,500

 

ミスタークイックマンのウェブサイト

 

 

サンリペア

images

 

東海地方に多い靴の修理屋さんです。愛知県のアピタとかによく入ってるみたい。
ウェブサイトに修理の値段が記載されていないのが残念だけど、たしか¥2,000くらいでかかとの修理はしてもらえたと思います。

 

サンリペのウェブサイト

 

 

シューシャインワークス

 

大手町とたまプラーザに店舗を店舗を構えるお店です。
メニューは充実していて、写真と料金表が掲載されていてとっても親切です。郵送での修理や靴磨きもOKみたいです!

 

▼メンズ

ラバー ¥3,000〜
本革 ¥4,000

 

▼レディース

ピンヒール ¥1,200

 

シューシャインワークスのウェブサイト

 

スポンサード リンク

 

まとめ(相場と平均)

かかとの修理だけで考えると、相場は
紳士靴で¥2,0003,000
婦人靴で¥1,000〜2,000
てところです。

 

平均金額を算出すると
紳士靴で約¥2,700
婦人靴で約¥1,350

くらいですかね。

 

 

お店によってサービス内容も金額も違うのと、店舗の場所によってはアクセスできる・できないもあるから、どこに修理をお願いするかはウェブサイトをご覧になって総合的に判断するのがよさそうです。
また、靴を修理に持って行くときは事前に電話で修理内容を確認しておくといいかもしれないですね。

 

 

是非他のお店も情報も掲載したいので、ご要望などありましたらこちらからお気軽にお申し付けください。

 

 

かかとが削れすぎてしまうと修理代が高くなってしまうのと見た目も美しくないので、かかとの修理はお早めにされることをおすすめしたい!
また、普段の靴のお手入れ方法と、雨に濡れた時の対策もご紹介していますのでご覧ください。

 

はじめてでも簡単!正しい革靴の磨き方(クリーム・ブラシなど)
はじめて簡単正しい靴磨き

靴磨きってすばらしい!!靴を磨くことって、靴が美しくなるだけじゃなくて、靴を長持ちさせることにも繋がる。さらに、靴を磨くことで、ものや人を大切にする心を養うことができるんじゃないかとも思ったり。

記事を読む

 

雨に濡れた革靴の正しいお手入れ方法・簡単3つのステップ
雨の日の手入れ

シューラバーのジェントルメンの皆さまは、雨の日にどの靴を履いて出勤しようかって悩まれると思う。特にこの梅雨の時期は雨の日が多いし、せっかく週末に手入れしたお気に入りの靴を履いていくのは…

記事を読む

 

スポンサード リンク

 

僭越ながら僕の靴の話を少しだけ…

いつもお世話になってるBettacciniのヒール部分とソールがだいぶ削れてきたので修理に出しました。

 

一番下のソールが削れきってしまうと、その上の部分も削れてしまうので、ほんとはこうなる前になるべく早めに修理するのがよいですね。その部分が削れてしまうと、修理が大変になるし修理代も余計にかかるしね。

 

修理前はこう。

 

ビフォー

 

写真は右足の靴なんだけど、なんで両足とも外側が削れるんだろう。
内股なんかな?

 

ちなみに僕がお願いしている修理屋さんはTASTECHというお店です。駅前にあるから便利だし、かかとの修理ならで¥1,800と相場より若干安い。時間がそれほど遅くなければ、その日のうちに修理をしてもらえるのでとっても良心的!
他の店だと2,500円とかしたりするかかと修理も、そこのお店だと1,800円。1,800円だとゴム製だけど、僕は別にそれでもいいと思ってます。消耗品だしね。

 

修理後のものがこちら。

 

アフター

 

みなさんもご経験あるんじゃないかと思うけど、かかとを交換したてのときって少しだけ歩きにくかったりする。
あと、ゴム製だからか新品のかかとに交換した後は足音が鳴りにくい気がします。ほんとはカツカツ音を立てて歩きたいんですよね。ビート刻みたいよね!

 

 

ヒールのまわりはだいぶ綺麗にしてもらって非常に満足です。梅雨を乗り越えなくてはいけないので、今のうちにリペア出しといてよかった。
9月になったらまたひとつ仲間を増やそうと思っているので、それまでは頑張ってもらわないと。

 

コメント

  1. 濱崎政男 より:

    特に最近感じるのは、靴の修理が高くなっていると思う。一万円の靴に修理代が安くて、¥2500円もするようでは修理して履くよりも、履き潰して新しい靴を購入した方がいいという人が、7〜8割だと思います
    昔の修理屋さんが高過ぎると言うのだから間違いない。800円〜1200円くらいで、営業しようと考えている。繁盛店となる筈

    • くすみ より:

      濱崎さま
      コメントありがとうございました。
      そうかもしれないですね。安いと剥がれちゃったりするみたいな話も聞いたことがありますが、2500円かけることでその不安が解消されると認識するのは難しいですよね。若い方だとなおさら。
      1000円切るのは気軽にお願いできるし、うれしいですね!

    • 高梨 より:

      濱崎様

      はじめまして。
      そうですね、確かに昔に比べて価格が上がっていますね。

      その理由としまして材料費の高騰や、材料の質の向上による原価値上がりも大きいかと思います。

      安いお店、高いお店にはそれぞれ理由があるかと思います。お客様も値段を最優先にされる方も、高くても仕上がりの美しさ長持ちを優先される方もいらっしゃいます。

      後はお客様に選んでいただければと思っております。

      個人的には靴の状態によっては3,000円でも足りないくらい手間がかかる物もあります。1,000円以内で全て行うとなると、ランニングコストを考えた場合に一時間に5~6足修理しないと従業員も雇えないかも知れません。

      靴修理業界も、商売とお客様の求める仕上がりや価格のバランスは難しいですね!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です