SEARCH

薄さを求め続けた長財布、やっぱり小銭入れ付きは便利だった [Clevaleathco]

ラウンドジップの長財布は厚みが出るので、薄さを重視したい僕には合わない財布かもしれないけど、小銭入れがなく紙幣と最低限のカードが入るだけの薄い長財布は薄くて軽くて好きだ。しかし、小銭入れがないとそれはそれで不便だったりする。

ということで試行錯誤の末に辿り着いたのが、先日ご紹介させていただいた派手だけど小さくて使いやすいコインケースで、うちにはプリンターを置いてないのでコンビニで書類なんかをプリントアウトするときにズボンのポケットに入るので便利だ。コインケースにUSBメモリなんかも入れられるのは、長財布の小銭入れにはできない使い方だ。僕が選んでこなかったちょっと派手な素材感も新鮮でよい。

財布やバッグみたいな革小物はその人の生活スタイルを反映するもの。バッグは場合によって使い分けたいが財布はひとつあればよいので、せっかくなら究...

しかし、もし小銭入れがついていても、マチのない薄い長財布だったらどうだろう。
案外嵩張らず使いやすいのではないだろうか。基本的にはカードやスマホの電子決済で済ませて、万が一小銭が出てしまっても入れることができる。
実はコインケースと同じタイミングでこの長財布も届いていたので、どれだけこの長財布の小銭入れを使わずに決済ができるか試してみようと考えた。

というわけで今回は『最高の革小物を探す旅・財布編』だ。



パリッとしたコシのある牛革

以前ご紹介させていただいたこちらのパスケース、すごく気に入っている。
ブラウンの牛革と同じブラウンのクロコ。Suicaと名刺をいれるとクロコはほとんど隠れてしまうけど、パリッとしたコシのある革がとてもよい。

Suicaと名刺が入ってパンパンなのはご愛嬌だけど、革小物のひとつの味であり魅力なのが「この角の当たりが出てる部分」ではないだろうか。Suicaの角が当たって、その角がぽこっと出ているところ。これこそ革小物の醍醐味であると考える。

このパスケース、革らしい質感と手触りも魅力的なプロダクトだ。もちっとした柔らかい革の触り心地もいいけど、カードが入るものは多少革がパリッとしてないとカードが滑り落ちてしまうことがある。なので、これくらいハリがあっていいし、靴と同じでそれを馴染ませていくことに楽しみを見出したらいいじゃないか。
革を切って縫うだけじゃなくて、素材選びもプロダクトの個性と使い勝手を左右するし、素材選びこそブランドや職人さんのこだわりがつまった部分なのだろうと想いを馳せる。ぱっと見のかっこよさだけじゃない奥の深さみたいなものが革にはあると思うのだ。

話が逸れてしまったが、今回の財布もクレバレスコ [Clevaleathco] というブランドのもので、Mens Leather Store で見つけたものだ。この財布もパスケースと同様、革のパリッと感と手触りがあってよい。
バケッタ製法というタンニンの革にじっくり加脂(オイルアップ)をして仕上げられるものなので、このコシとハリがありながらも革らしいねっとり感があるのがこういう革のいいところだ。
薄型だけどペラペラしてないしっかりとした財布。黒なのも落ち着いてていい。やっぱり黒はいい。

どちらも細かい部分が丁寧に作り込まれていて、さらにハンドメイドのクラフト感もあって素敵だ。このステッチひとつひとつが手作業で縫われたものかと思うと頭が下がる。

というわけで、財布の容量についても僭越ながら個人的な使い方を交えてご紹介させていただきたい。

薄型財布の収納容量

薄型をウリにしているわけではないけど、薄さで選んだので薄型と言わせていただきたい。

  • 小銭入れ:片側にマチあり
  • カード類:6枚
  • 札入れ:2ヵ所
  • ポケット:1ヵ所

僕にとっては十分な収納で、まず札入れが使いやすい。
2ヵ所ある札入れはマチがついているので広げやすく、つまりガバッと広げて紙幣が取り出しやすい仕様でこれが非常に使いやすい。
カード入れ側には使わないポケットがひとつあるので領収書を入ることにしたいと思う。

ちなみにカード入れ部分にはリザードの革が使われている。色は黒でもいいし小銭入れのボルドーと合わせてもいいかなぁと悩んだ結果、グレーを選んでみた。当たり障りのない僕好みの色味で安心だ。
「選ぶ」というのは基本的に受注生産のブランドなので、オーダーから発注までそこそこ時間がかかる。

実際小銭入れがあると便利

使ってみて思ったのは、やっぱり小銭入れがあると便利だということ。
実際この財布の小銭入れを使うことは決して多くなかったけど、それでも稀に使う機会があったし、ひとつの財布で済むというのは財布の薄さを多少犠牲にしてでもそちらを選ぶのは正解だ。

この財布の小銭入れは入れなければ薄いけど、マチがあるので入れようと思えばなかなかの枚数が入る。小さなショルダーバッグで出かける場合、長財布と小銭入れの2つを入れるとバッグを圧迫するので1つだけで済ませたい。
とにかく小銭を入れなければ薄くなるし、必要ならちゃんと収納ができるというのもありがたい。見えないところだけどリザードを使っていて、使えば使うだけ贅沢がチラ見えする仕様だ。

小銭を持たないことが目的になった結果、どうしても出てしまう小銭を入れるためのコインケースを持ち、結果2つ持ち歩くなら1つの方が楽ですよね、というすごく当たり前の結論に至った。幸いコインケースは小銭以外の小物も入れられるので、その逃げ道を残しつつ長財布とコインケースをうまく併用していきたい。

なんだかすごく遠回りした気がするけど、この結論にはとても納得している。あとはこの革がどう馴染むかを楽しみつつ、あとは紙幣によってこの財布に厚みが出ることを願うばかりだ。

Mens Leather Store オンラインショップ

プライベートで公共交通機関を使う時、もしくはコンビニでコーヒーを買う時はスマホの中の Suica アプリで済ませます。さらっ...

RELATED ENTRIES

関連記事

Profile

プロフィール

革靴ジャーナリスト/ブロガー

Kohei Kusumi

『革靴の魅力や靴磨きの楽しさをもっと多くの人に知ってほしい』という想いでブログやYouTubeで情報発信を行っています。
シューメーカーのブランドサイトやオンラインショップの制作・カスタマイズ、広告運用を受け持ったり、ブランディングや商品開発のコンサルなども手がけています。

月間最高ページビュー数:41万回
・webサイト設計、制作
詳しいプロフィールはこちら

Instagram

インスタグラム

YouTube

YouTube最新動画