M.モウブレイ『プレステージ』のクリームナチュラーレと他のクリームで皮革表面を比較←

こちらの記事でもご紹介しているのですが、最近デリケートクリームにハマっています!

そこで、以前から気になっていたこのM.モウブレイ の クリームナチュラーレ。

なんで気になってたかっていうと、『ニュートラル(無色)以外のカラークリームは、靴やブーツ以外には使えません』って書いてあったんですよね。

え、じゃあニュートラルだけは他のデリクリみたいに、レザー用品全般に使えるってこと?

という話になりますよね。

だから黒を買うか茶を買うか、それとも無色を買うか迷ったんです。
でも汎用性が高いなら…ってことでニュートラルを購入しました!

クレム1925という僕が愛用している靴用クリームがあるんですが、そのクレムも今回のクリームナチュラーレも無色だけ扱いがちょっと違うという。

ズルくないすか?この商品展開のやり方。

これで無色のクリームがいい感じだったら、きっと僕は黒も茶もネイビーも買うんですよ!

昨今の無色の靴クリーム事情に憤りを感じています。(ウソです)
どうも初めまして、くすみと申します。
記事のタイトルでうまいこと言ったのは僕です。



クリームナチュラーレについて

クリームナチュラーレは、同じくモウブレイのシュークリームジャーと同じ乳化性クリームです。

なので、もちろんデリクリではありませんよ。

栄養と潤いを与えつつ光沢を出してくれるだけでなく、さらっと仕上がり革の通気性を保ってくれるのがこのクリームナチュラーレです。

すごくいいなぁって思うのは、成分のほとんどが天然素材だということ。
ツヤも出るって書いてありますが、革を長持ちさせたい僕にとってはすごく好印象です。

用途

・スムースレザー(一般的な表革)
・コードバン
・ブライドルレザー
・オイルドレザー
・アニリン染め
・オーストリッチ

などの靴やブーツ、パンプスに使用できます。

繰り返しになりますが、ニュートラル(無色)のクリームは靴以外の革(スムースレザー)のバッグ、ジャケット、財布、ベルトなどに使用できます。

ニュートラルだけは少し成分が違うんじゃないかと予想してます。

成分

・シダーオイル
・パームオイル
・ビーズワックス
・カルナバワックス

などの、グレード(等級)の高い天然油脂が配合されています。

つまりこういうことです。

・シダーオイルは、皮革の荒れた表面を引き締めて柔軟性を保つ効果
・パームオイルは、皮革への浸透性を向上させてクリームを滑らかにする効果
・ビーズワックスは、ツヤ出しと保革効果
・カルナバワックスも、同じくツヤ出しと表面保護の作用

と、こんな具合です。
油脂とロウが主成分なんですね。

色の種類

無色を含む全7種類です。

使い方

布やペネトレイトブラシにクリームナチュラーレを少し取って、革に塗り込むだけです。
塗り終わったら柔らかい布で乾拭きするだけ。

簡単ですね。
やはりブラシを使わないあたりから、デリケートクリーム寄りなつくりになっているのが垣間見れます。

使ってみる

見た目はこんな感じです。

無色だとほんとにハンドクリームみたいな見た目です。

歳のせいか最近手がベタベタするんで、このクリームを手に塗り込んでさらっといい香りに仕上げたいくらいです

香りはきつくなく、ほんのり甘いいい香りです。
少しビーズワックスの香りがします。

こちらの茶色の靴をすっぴんにしたので塗っていきます。

クリームがこってりしてて粘性があるため、伸びはそれほどよくないです。
他のクリームと比べて、薄く塗り伸ばすのが難しく感じました。

おもしろい。境界線がうっすら見えます。
左側が塗る前、右側が塗った後。
塗った後は色は濃くなってます。

全体的に薄く塗り込み、こんな感じに仕上がりました。

注意点

こういった靴のクリームによくあるものですが、念のためご紹介しておきます。

・スエード、ヌバックなどの起毛革は使用不可
・エナメル、爬虫類系の革にも使用不可
・色落ちやシミになる場合があるので、目立たないところでテストしてください
・クリームには油脂等が含まれているため、革に塗ったあとは必ず色が濃くなります
・皮革の表面が白くなることがあるので、その時はステインリムーバーでクリームを落としてもう一度クリームを塗ってください

クリームナチュラーレの位置付け

他のクリームと比べてどうなんでしょうか。
仕上がりを比較してみたいと思います。

クレム1925との比較

クレムは油性、クリームナチュラーレは乳化性なので、なんとなくクリームの種類が別物という気がしますが、一応無色のクレム1925との比較をしてみます。

ツヤの比較をするために、黒い靴で試してみました!

皮革表面はクレムの方が滑らかになっています。
特につま先中心の光の具合をご覧ください!クレムの方がスムーズで、ナチュラーレの方がちょっとぼやけてます。

やっぱりクレム1925はオイリーでこってりした重厚感のあるツヤが出るイメージです。

シュプリームクリームデラックスとの比較

コロニル1909のシュプリームクリームデラックスとの比較です。

こちらは同じ乳化性クリーム同士です。
茶色の靴で比較してみます。

ツヤの具合はほとんど同じですが、ちょっとナチュラーレの方がこってりしてました。
比較的どちらもさらっとしてますが、シュプリームの方が若干さらっと感が強め。

シュプリームの方が粘性が低いので塗り伸ばしやすいです。
逆にナチュラーレは、塗り伸ばすのが難しいのでちょっと多めに塗ってしまった感があります。

リッチデリケートクリームとの比較

やっぱりデリケートクリームという感じです。

デリクリと乳化性クリームなので用途が違いますが、同じモウブレイのプレステージラインとして違いをご覧いただきたいと思います。

ツヤに関してはナチュラーレの方がツヤはしっかりしています。
どちらも潤った感はありますが、リッチデリケートクリームはワックス感はないので、革が潤ってしなやかになる感じを得られます。
逆に、ナチュラーレの方が相対的にワックスで覆っている感じがします。

やっぱり用途が違うクリームでしたね。

まとめ

良いところ

天然素材が成分のほとんどを占めていることです。
有機溶剤がたくさん含まれていたり、ワックスでしっかりツヤを出すクリームとは違い、栄養補給を重視したクリームという感じがします。

したがって香りもいいし、革にも良い気がしますよね!

あと、個人的にすごいと思うのは、コードバンにもブライドルレザーにもオイルドレザーにも使えるところです。
スエード、ヌバック、エナメル、エキゾチックには使えないけど、いろんな革に使えるのでかなり万能なんじゃないかとというところです。

ますますシュプリームとの差別化が難しいところです。

気になるところ

気になるというか単純に疑問に思ったのは、天然素材って劣化が早いんだろうか?ということです。

食べ物で『無添加・防腐剤無し』のものって傷みやすいってイメージありますせんか?
逆に人工の防腐剤なんかが入ってると長持ちしますよね。

なので、定期的にクリームを落としてあげないと、革に少なからず負担がかかるのかなぁ?なんて思ってます。
あくまで僕の想像なんですけどね。

また、今回はニュートラルを購入したため、色有りのクリームにどれほど補色効果があるのかが気になります。

茶系の靴は、革の風合いを残すのもひとつの楽しみなんですが、やはり黒の靴はパリッと黒い方が個人的にはかっこいいと思うんです。
黒の靴、革の色がハゲてるとちょっと残念じゃありません?

とりあえずニュートラルを使い続けてみて、よければまた色有りのナチュラーレを買い足そうと思います!

この天然素材よかったら試してみてください!

最後までお付き合いいただきありがとうございました!
革靴の磨き方もご紹介していますので、よければこちらの記事もご覧ください。

はじめまして、くすみ(kusumincom)と申します。 こちらの記事では、革靴を綺麗な状態で履いてもらえるよう、簡単な靴...

related Entries

関連記事

コメント

  1. はらさん より:

    こんにちはいつもブログを拝見させていただいております。
    昨今の多くのクリーム氾濫時代の中、ベストな製品、組み合わせに困りますよね。
    まぁ困りつつも集めるのが楽しかったりもするのですが、、、

    自分は昔からクリームナチュラーレをよく使っています。ニュートラルとネイビーの物です。

    ネイビーの方はパラブーツにしか使用していないので補色の加減はあんまりわからないです、、

    今回シュプリームと比較をされていましたが、自分はシュプリームとナチュラーレの組み合わせが今の段階でベストではないかという結論に達しております(あくまで自分勝手に)

    コロニルのシュプリームデラックスは水分量が多い印象で仕上げもサラッとして最高なんですが!成分が革から抜けるのも早いのが気になっていました。そこに乳化性のナチュラーレと組み合わせたところ、自分なりにかなりしっくりきました。
    お節介ながらも一度試してみてくださいませ、、、

    • くすみ より:

      はらさんさま、貴重なコメントありがとうございます!
      なるほど!!組み合わせて使うというのは思いつきませんでした。(そうそう、こういう試行錯誤するのが楽しかったりするんですよね!)

      確かに、僕もデリケートクリーム系のクリームが水分が抜けてしまうのをいつも感じてました。僕はクレム1925の油分とロウ分で蓋をするイメージで使っていましたが、シュプリームとナチュラーレの組み合わせも試してみます!
      それにしてもネイビーのパラブーツ…素敵ですね!とっても気になります!

      ありがとうございました!

  2. マルシン より:

    はじめまして
    はじめてコメントします。

    わたくしも様々なクリームを持っており、栄養過多に不安を感じながら、ナチュラーレにクレムで。という使い方をしております。

    もしくは、デリクリ後にナチュラーレだけのような使い方もしますが、どうなのでしょう。

    3ヶ月に一回、気合いを入れるときは、ナチュラーレとクレム。
    1ヶ月に一回、ナチュラーレのみ。

    そのような使い方もありなのでしょうか。

    • くすみ より:

      マルシンさま、コメントありがとうございました!
      わかりますわかります、栄養過多は心配ですよね!クリームの塗りすぎで革の状態を悪くしてしまったこともありました。

      僕も決して塗りすぎないように気をつけながら、稀にナッパとクレムだったり、ナチュラーレとクレムだったりという使い方をすることがあります。
      ただ、ナッパやナチュラーレは甲の伸縮の多い部分にのみ塗ることが多いです。

      その時々で使い方を変えてみて、違いを楽しむのも一興ですよね。

Subscribe on YouTube

YouTubeチャンネルの最新動画はこちら

Profile

プロフィール

『革靴の魅力や靴磨きの楽しさをもっと多くの人に知ってほしい』という想いでブログやYouTubeで情報発信を行っています。 前職の経験からシューメーカーのブランドサイトやオンラインショップの制作・カスタマイズ、広告運用を受け持ったり、ブランディングや商品開発のコンサルなども手がけています。
詳しいプロフィール

月間最高閲覧数41万ページ
webサイト設計・コンサルティング
お問い合わせ

feedly でブログ更新情報を受け取りませんか?
feedly の無料アプリをご利用いただくとさらに便利です。