モウブレイのリッチデリケートクリームが本当にリッチなのか違いを比較してみる

今わたくし、デリケートクリームにハマっています。

ツヤを出すというよりは、革を良い状態に保ちたいと思うときがあるんです。
ロウを乗せてツヤを出すというよりは革本来のツヤを引き出すというか。さらっと仕上げたいという感じ。

もともとデリケートクリームは

・モウブレイ デリケートクリーム
・サフィールノワール スペシャルナッパデリケートクリーム

の2つを持っていましたが、ちょっと他のものも試してみたいということで、買ってみましたこちら!!

M.モウブレイ・プレステージのリッチデリケートクリーーーム!

M.モウブレイ・プレステージについて

まず、ご存知モウブレイのプレステージについて簡単にご紹介します。

もともとあったモウブレイの商品よりも、上質な天然素材にこだわって作られたワンランク上の商品シリーズ、という扱いになります。
なので、モウブレイのロゴも普通のものとプレステージではちょっと見た目が違いますね。

普通のモウブレイってなんか失礼ですよね

リッチクデリケートクリームについて

『アボカドオイル配合』って書いてます!
『アボカドオイル』って赤いステッカーも貼ってある!

特筆すべきはやはりこのアボカドオイルについてのようですね。

目次

成分

アボカドオイルと有機溶剤が主成分のようです。

無色のジェル状で使いやすく、約97%が天然成分で作られているナチュラル志向のクリームです。森のバターと称され、自然派・オーガニックコスメにも使われているアボカドから丁寧に採油した「天然アボカドオイル」を主成分としています。

アボカドオイルはべたつかず、皮革に深く浸透していきますので、乾燥した皮革の潤い補給、硬化した皮革の柔軟性アップ、皮革の劣化防止やハリを与える効果など多用途にご使用いただけます。 さわやかな香りもお楽しみください。

引用://www.randd.co.jp/

あと、スムースレザーや、オーストリッチ、ヌメ革、カーフなどであれば、靴以外にも、バッグ類、ブーツ、コート、手帳、財布、家具などにも使用することができます。

革製品好きの方には必須アイテムのようですよ!

デリケートクリームとの比較

今まで使ってきたモウブレイのデリケートクリームはこちら。

主成分の違いはこんな感じです。

デリケートクリーム ラノリン、有機溶剤、油脂
リッチデリケートクリーム アボカドオイル、有機溶剤

ラノリンとは

ウールに覆われた動物の皮脂腺から分泌される蝋である。
引用:wikipedia

蝋とありますが、どちらかというと保湿の役割を果たす油脂のイメージですよね。
リッチデリケートクリームの成分にラノリンと記載がありませんが、入っているかもしれません。

それよりは、パッケージでもとにかくアボカドオイルを主張してきているので、一番の違いはアボカドオイル含有の有無ということになりそうです。

使い方・塗り方

布や柔らかい毛のブラシにリッチデリケートクリームを少し取って、革に塗り込んでください。
そして、全体に塗り込んだら柔らかい布で乾拭きしてください。

簡単ですね!
他のデリケートクリームと同様です。

使ってみる

こちらの靴に塗ってみようと思います。

フタを開けるとぷるんっぷるんのジェル。
ぷるんってします。ほんとに。

そして、すんっごい良い香りです!

決して押し付けがましい香料の香りではなく、あくまで自然な感じがします。
すごくいい!

指に取ってみるとこんな感じ。

比較したいので、リッチデリケートクリームとデリケートクリームを塗り比べてみました!

まず見た目はこんな感じです。

※左:デリケートクリーム、右:リッチデリケートクリーム

リッチの方がジェル状、普通のデリクリは液状に近いです。
塗り心地も、リッチの方が多少とろっとした感じです。どちらも伸びは良いので塗りやすいです。

できあがり!

期待通り、仕上がりもさらさらでした。

ぱっと見の違いはほとんどわかりませんが、触った感じリッチの方が少しペタペタします。
やはりリッチなアボカドオイルが入っているせいでしょう。

というよりは、デリケートクリームは水分が多めなのかもしれません。
だから液状でよりサラサラした仕上がりになるのかも。

近くでよーく見ないとわかりにくいんですが、リッチの方が細かい履きジワが少なくなっています。(光のあたり具合でさらにわかりにくいのですが…)
やはりアボカドオイルのおかげなんでしょうね!

感覚的にも、やはりリッチの方が革に油分が入って潤ったような気がします。
個人的な感覚です。

まとめ

表面はさらっと仕上がる上に、革に栄養が入った感覚も十分得られます。

なので個人的には、がっつりオイルで栄養を与えるというよりは、こまめにアッパーの履きジワ部分に塗ってあげるような感じで使って行こうと思います。

そして、デリケートクリームと比較した結果、リッチデリケートクリームの方が、油分が革に入った感覚はありました。

しかし、普通のデリケートクリームと比較すると、若干アボカドオイルのペタペタとした感触があるので、手で触れる手帳や財布に使いたいという方は慎重になった方がいいかもしれません。
僕個人的には全然使ってもいいと思いますが、神経質な方には向かないかもしれない、という感じです。

また、他のクリームをみるとmlあたりの金額は20〜25円程度なので、30円/ml のリッチデリケートクリームはちょっと他のクリームよりは価格設定が高めのようですね。

デリクリ 60ml 1,000円
リッチデリクリ 50ml 1,500円

ちなみにデリケートクリームは、16.6円/ml とちょっと異常に安いです。笑

デリケートクリームについてはこちらの記事でもご紹介しています。

> モウブレイのデリケートクリームで靴ズレの原因と防止対策を

もう少し長く使ってみると革質にも差が出てくるんじゃないかと思います。
よかったら試してみてください!

最後までお付き合いいただきありがとうございました!
革靴の磨き方もご紹介していますので、よければこちらの記事もご覧ください。

はじめまして、くすみ(kusumincom)と申します。 こちらの記事では、革靴を綺麗な状態で履いてもらえるよう、簡単な靴...

related Entries

関連記事

Subscribe on YouTube

YouTubeチャンネルの最新動画はこちら

Profile

プロフィール

『革靴の魅力や靴磨きの楽しさをもっと多くの人に知ってほしい』という想いでブログやYouTubeで情報発信を行っています。 前職の経験からシューメーカーのブランドサイトやオンラインショップの制作・カスタマイズ、広告運用を受け持ったり、ブランディングや商品開発のコンサルなども手がけています。
詳しいプロフィール

月間最高閲覧数41万ページ
webサイト設計・コンサルティング
お問い合わせ

feedly でブログ更新情報を受け取りませんか?
feedly の無料アプリをご利用いただくとさらに便利です。