クリーム・オイル靴磨き・お手入れ

無色のクリームで革靴全体が白っぽくなってしまう原因と対策【Q&A】

靴磨きセットまとめ記事
クリーム・オイル
クロケットオードリーDBを、クレムのニュートラルとナッパで育てていますが、
全体的に少し白っぽくなっています。(週一履きで一年位)
コバはDBで整えていますが、色を入れようか迷っています。そういう症状ってありますかね?
黒のオードリーも所有しているのですが、黒のクリームを塗ったら落ち着きました。
無色というより、白と考えるべきでしょうか?
一つ懸念事項としては、色落ちを気にする余り、リムーバーの使用を控えめにしています。

 

 

というご質問をいただきました。ありがとうございました。

 

白くなってしまうのは割とあるあるですよね。
解消方法だけでなく、良い革のコンディションについてもご紹介できればと思います。

 

クレム1925 についてはこちらの記事でご紹介しています。

 

サフィールノワールの革靴用クリーム、クレム1925の素晴らしさ [Saphir Noir CREME1925]
...

 

 

無色というより白

ご質問の中で、「無色というより、白と考えるべきでしょうか?」とありましたが、これはかなり的確な表現なのではないかと思います。

 

 

実際どうでしょう?

 

 

 

 

これ、白ですね。笑
※クレムのニュートラルが無かったので、他のクリームの写真ですmm

 

 

ただ、白の顔料をべったり上塗りするわけではないので、あくまで革の色を選ばないという意味では、無色やニュートラルという名前は間違ってはいないのかなと思います。

 

でもご覧いただいた通り、クリームの層が重なると白っぽく見えてしまうのは事実です。
さらに、クレムは成分が油性クリームと言われている通り、水分が含まれず、他の乳化性クリームと比べる成分が濃いのが特徴です。油分補給としっかりとツヤが出るのが機能的なメリットですね。

 

 

「リムーバーを控えている」と書かれていたことから推測できるのは、そんな濃いクリームの成分が積み重なってしまった結果、全体的に白っぽくなっているのではないかと考えます。

 

「クレムあるある」ですが、クリーナーでしっかり落とせていないとロウ分や油分が蓄積して、履きジワあたりがゴワゴワしてくることがあります。
その「ゴワつき」を補修するためにまたクレムを塗ると一時的にはキレイになるわけですが、履いたらまたゴワつきが出てしまうという感じですね。

 

 

色付きのクリームなら?

 

無色に限らず、黒のクリームでも成分が過度に蓄積するとゴワつきが出る場合があります。(これは革とクリームの相性もあるかと思います)

 

ただ、もし蓄積したとしても、その成分も同じく黒なので目立ちにくいことがほとんどだと思います。

 

「色を入れようか迷っています」と書かれていましたが、DB(ダークブラウン)のクリームをお使いになれば、白っぽくなるのはかなり解消できると思いますよ。
クロケのオードリーでしたら、革質は申し分ないと思いますので、塗りすぎなければクリームが悪さするということは考えにくいです。

 

ですので、解決策のひとつとして色付きのクリームを使うというのはアリかと思いますが、今回の白っぽくなってしまう根本的な原因はそこではないように思います。

 

 

ちなみに、無色のクリームを使っていてもそんなにバンバン色抜けするかというとそうでもないですね。
もちろん多少はしますが、革は油分が入ったりツヤが出ることによって発色が良く見えるため、「色が抜けた感」がそれほど目立つことはありません。

 

なので今まで通り、無色のクリームでお手入れを続けられても問題はないと思います。(多少は抜けますよ)
ただ、最適な革のコンディションについても見直していただく機会になればと思っていますので、クリーナーの必要性につても説明させてください。

 

 

 

クリーナー・リムーバーの必要性

 

というわけで、クリーナーやリムーバーの要否についても少し書かせていただきます。
ケアの仕方によってはクリーナーも必要、というのが僕の考えです。

 

成分の蓄積によってゴワつきが出るとお伝えしましたが、ゴワつきは「クリームの成分が硬化すること」によって起こります。
革の寿命を縮めないためには柔軟な状態を保つことが必須なのですが、硬化した成分をそのままにしておくことは、革にとっては柔軟性を損ない、さらに負担をかけてしまう原因になりかねません。

 

実際、ゴワゴワになっている靴の持ち主にお手入れの仕方を聞いてみると、あまりクリーナーを使っていないとか、ブラッシングもさっと終わらせているというケースが過去に何度かありました。
靴によっては、お手入れを頻繁にした結果、履きジワ部分にクラック(ひび割れ)が入ってしまっているものもありました。

 

 

 

今回のご質問にはゴワつきが出ているとは書かれていませんが、古い成分が残りすぎた状態は革にとって負担になることがあるということです。

 

無色でもそんなにバンバン色抜けしませんし、色抜けを心配される場合は色付きのクリームを使っていただければ大丈夫ですが、いずれにしても古い成分を残さないために定期的にクリーナーもしっかり使っていただけたらと思います。
クリームを塗った後の豚毛のブラッシングもしっかりやっていただくと尚よしですね。

 

 

まとめ

  • 硬化した成分の蓄積は革によくない
  • 無色でもそんなに色抜けしない
  • クリーナーで落とすのも大事

 

 

 

黒の靴は黒のクリームを入れるとパリッとして気持ちいいですが、ブラウン系のはナチュラルなケアもおもしろいと思いますよ。

 

エイジングの方向性はどんな靴かによるし、正解はないし、好みと主観で決めればいい [CARMINA]
...

COMMENTS コメントを投稿する

タイトルとURLをコピーしました