革靴の定番クリーナー!優しい汚れ落としならステインリムーバーがおすすめ [M.MOWBRAY]

雨に濡れてシミができたり、お酒やジュースをこぼしてしまったり、とにかく大切な革靴が汚れてしまった場合。そのまま放置してしまうと、シミが残ったりカビが生えたりしてしまいます。

なので、もし革靴が汚れてしまったときは、是非その日のうちに汚れを落としていただくことをおすすめします。
今回は、革靴の汚れ落としの定番『ステインリムーバー』をご紹介します!

モウブレイ・ステインリムーバーとは

M.モウブレイのステインリムーバーです。
M.モウブレイは株式会社アールアンドデーさんの展開するブランドで、幅広いシューケア用品を販売しています。ステインリムーバーもそのひとつで、革靴お手入れ用の汚れ落としてはかなり一般的な商品になります。

使っていたものがそろそろなくなりそうだったので、新しいものを買い足しました。

ステインリムーバーの特徴

ステインリムーバーの一番の特徴は優しいクリーナーであるということです。
他のメーカーのものには強めのクリーナーもありますが、初心者の方でも安心して使えるというのがこのクリーナーの一番の特徴です。

商品裏面に記載されている特徴です。

・革の表面の古いクリーム、ワックスや汗(塩分)をスッキリ落とし通気性をよくする
・軟水ベースの水性タイプのクレンジング剤なので革に優しい
・防カビ剤も配合
・靴やパンプスの内側にも使える
・革製のスニーカーのガンコな汚れも落とせる
・雨の後ににじみ出る白い汚れ(塩分)もきれいに落とせる

要するに、革に優しい上に、汚れや古いクリームやを落としてくれるというものです。革の表面が綺麗になることによって、そのあとのお手入れで使う靴クリームの浸透性もよくなります。

独特なニオイもなく、とっても使いやすいです。
ただし、鏡面磨きのために塗ったワックスや油性のクリームやオイル系のグッズには、ステインリムーバーは強い効果を発揮しません。
ワックスを落とすには専用のクリーナーを使っていただくのがよいでしょう。(M.MOWBRAY ワックスクリーナーのご紹介はこちら

ステインリムーバーの成分

ステインリムーバーの成分はこちらです。

・有機溶剤
・界面活性剤
・油脂類
・水

水性の汚れ落としだから革に染み込みやすく、革の中に溜まった汚れや汗の塩分を落とすのに適しています。

ステインリムーバーの使い方

使い方はとっても簡単です。

  1. ボトルを振る
  2. コットンの布に取る
  3. 汚れている部分を中心に拭き取る
  4. 全体的にササっと拭き取る

ちょっとしたポイントと一緒に使い方をご紹介します。

成分が分離しているので仕様前に必ずよく振ってください。

指に巻いた布に500円玉の大きさ程度のステインリムーバーを染み込ませます。4〜5滴が適量と思われます。
決して強くこすらず優しく汚れを拭き取ります。汚れがひどい場合は繰り返し拭いてあげてください。汚れが目立つ部分を拭き取ったら、全体的に拭き取ってあげてください。

古いクリームがこんなに取れました!

仕上がり

左が汚れを落とした状態で、右がまだクリームが乗っている状態です。
一目瞭然ですね。左はクリームの艶が落ちて、マットな質感と革の毛穴がしっかり見えています。

雨染みや汗染みにも効果的

革靴が雨に濡れたあと、乾くとこのように白い粉がふいていることがありますよね。
ステインリムーバーはこういった汚れにも効果的です。スッと染み込んでさらっと汚れを落とすことができます。

雨に濡れた革靴の白い粉のお手入れ

使用上の注意

いくつか使う上での注意点をご紹介します。

使えない革

スエード、ヌバック、エキゾチックレザーには使用できません。
また、エナメルにも使えますが、表面がコーティングされているため、汚れが染み込みにくい素材です。
なので、エナメルに使うならステインリムーバーでなく、水拭きでも問題ないと考えます。

使いすぎに注意

水性とは言え、汚れ落としです。
イメージとしては、洗剤のようなものですので、使いすぎると革表面の栄養を一緒に拭き取ってしまうだけでなく、革を傷めてしまうこともあります。
また、汚れや古いクリームを落としたい気持ちが強く、ついこすりすぎてしまうと革表面にかなり負担がかかります。なので、絶対に強くこすってはいけません!
優しく優しくさらっと汚れを拭いてあげてください。それであれば革へのダメージはほぼありません。

シミに注意

僕はステインリムーバーでシミになったことはないのですが、デリケートな革にお使いの場合は念のためシミには注意してください。お使いになる前に靴の目立たないところでテストをしてから使ってください。
茶色の靴などであればステインリムーバーを吸い込んで変色ことはありますが、乾けば元の色に戻ります。

ステインリムーバーを使う頻度

日々のお手入れは馬毛ブラシで汚れとホコリを落とすだけで問題ありませんが、ステインリムーバーで古いクリームを落としてあげるようなフルメンテナンスは月に一度程度で十分です。
目安としては8〜10回その靴を履いたら、といイメージです。

ワックスは落とせない

ある程度汚れは落とせますが、鏡面磨きのワックスを落とすのには向きません。
ワックスを落とすのは、専用のクリーナーをご利用ください。
鏡面磨きのワックスを早く落とすクリーナーはどれ?

汚れが落ちない場合

商品の説明にはガンコな汚れが落ちると書いてありますが、落ちない場合もあります。もう少し強めのクリーナーを使っていただくのがよいでしょう。
こちらの記事でシミ汚れの落とし方をご紹介していますので、よければ参考にしてみてください。

油汚れのシミ抜きに挑戦

スニーカーにも使えます!

白のレザースニーカーなどの汚れにもステインリムーバーは使えますが、こすったような汚れにはもっと強いクリーナーを使う必要があります。

スニーカーがどこまで綺麗になるのか

まとめ

汚れを落とすことで、革の通気性とクリームの浸透性がよくなります。
汚れ落としを使うのと使わないのでは、革を良い状態に保つことができるのです。靴底は修理して新しいものに変えることができますが、靴のアッパーは一度痛んでしまうと、なかなか元どおりには戻りません。月に1度のお手入れでしっかり革靴の汚れを落としてあげると、靴がずっと長持ちしてくれますよ。

amazonでも楽天でも売ってるので、よければ試して見てください。東急ハンズのシューケアコーナーや靴屋さんに置いてあったりします。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

はじめまして、くすみ(kusumincom)と申します。 こちらの記事では、革靴を綺麗な状態で履いてもらえるよう、簡単な靴...

related Entries

関連記事

Subscribe on YouTube

YouTubeチャンネルの最新動画はこちら

Profile

プロフィール

『革靴の魅力や靴磨きの楽しさをもっと多くの人に知ってほしい』という想いでブログやYouTubeで情報発信を行っています。 前職の経験からシューメーカーのブランドサイトやオンラインショップの制作・カスタマイズ、広告運用を受け持ったり、ブランディングや商品開発のコンサルなども手がけています。
詳しいプロフィール

月間最高閲覧数41万ページ
webサイト設計・コンサルティング
お問い合わせ

feedly でブログ更新情報を受け取りませんか?
feedly の無料アプリをご利用いただくとさらに便利です。