チャーチ・バークロフトのポリッシュドバインダーカーフ英国靴 [Church’s BARCROFT]

 

僕にとって2足目の英国靴となりましたチャーチ [Church’s]
チャーチの靴にはカーフやコードバンが使われたモデルもありますが、こちらはポリッシュドバインダーカーフ [polished binder calf] という革を使われたものです。

 

その革についてもご紹介したいと思います。
よければお付き合いください!

 

 

チャーチとは

 

チャーチ/Church’sは1873年、靴作りの町として有名なノーサンプトンで創業しました。正統派の英国靴として不動の地位を確立し、欧米のセレブリティや007のボンドも愛用することで知られています。チャーチのウェルト・シューズはグッドイヤー・ウェルト製法により、250にもおよぶ工程を経て作られています。
※出典:BRITSH MADE オンラインショップ

 

現在はプラダ [prada] 傘下にあり、正統派英国靴という文字通り、これぞイギリス靴と認知されたブランドのひとつです。

 

モデル名:バークロフト

 

バークロフトというモデルです。

 

シンプルなパンチドキャップトゥの靴。

 

 

ぽてっとしてかわいらしいですね!

 

ビジネスではなく、カジュアル。
アーバンではなく、カントリー。
ラブというよりは、ピース。

 

 

和菓子で例えると…栗きんとんがしっくりきます。

 

ぽてっとして飾り気はないけれど、程よい甘さと渋みがある。
この淡い茶色と英国靴らしさが醸す渋み。そして、この革質が放つ艶っぽさとパンチドキャップトゥの遊び心が甘み。

 

なんで和菓子に例えたのかは自分でもわからないけど。
なんとなく、ニュアンス。

 

サンダルウッドという色

 

サンダルウッド [sandalwood] という色です。
ビャクダンという植物のことなんですが、靴のクリームだとコニャックと似た色合いですね。

 

このネーミング、イギリスのプライドのようなものを感じます。

 

サイズ感とワイズ

 

23.5cmでジャストでした。
これを書きながら部屋履きして足になじませていますが、あまりまだそれほどストレスを感じてません。

 

ワイズ(ウィズ)は、サイズ表記の隣にFと書いてあるのでちょっと広めなのかもしれません。
履いてる感じ、それほど広くはないのですが、EEとかEEEを通り越してF?それにしては僕の足幅にちょうどいいです。

 

かかとのサイズ感はかなり大きめなのと、くるぶしの下が当たらないかちょっと不安ですが、ジャストサイズだと特段違和感を感じません。

 

追記:チャーチのワイズはベースがFとなっていて、モデルによってはC、D、E、F、Gとワイズ展開があるようです。教えていただきありがとうございました!
参考:ミューゼオ・スクエア

 

靴紐

 

靴紐も英国靴らしい、細かく繊維が編み込まれたしっかりした靴紐です。
長さも長すぎず、結んだ時も収まりが良いですね!

 

ソール・インソール

 

ソールはもザ・グッドイヤーという雰囲気が存分に出ています。
刻印も左右でズレているところが、なかなか大味でいいですね!笑

 

ソールはなかなか硬めです。
靴擦れしないよう履き下ろすタイミングで、靴の内側にしっかりデリケートクリームを塗りたいと思います。

 

 

 

トップリフトにもチャーチのロゴが。
こういう細かいこだわりもハイブランドならではという感じがします。

 

 

 

インソール。
ロンドンに続き、パリ、ミラノ、ニューヨーク、そしてトーキョー。

 

こういうの、ちょっと嬉しいですね。

 

 

 

ハトメの内側には金具も。

 

 

個人的に思う魅力

 

僕が感じるチャーチの魅力というか、チャーチらしさについて少し書かせてください。

 

チャーチらしさといえば、この大ぶりのパーフォレーション。と個人的には思ってます。
他のブランドよりも、靴に対する穴の大きさが比較的大きくてしっかり存在感がある気がしています。

amazonでチャーチの靴を見る

 

 

なので、本当はもっとたくさん穴飾りのあるモデルが欲しかったんですが、サイズがなかった!笑
そこはも諦めてます。笑

 

こちらの記事でもいろんなブランドのブローグシューズについて触れてますので、よければ見比べてみてください。ブローグの存在感についてご理解いただけると思います!

 

ブローグシューズの違いについてブログで紹介しちゃいます!

 

 

ポリッシュドバインダーカーフとは

 

ガラスレザーという革、ありますよね。ポリッシュドバインダーカーフは、それに近い性質を持った革です。
ガラスレザーとは、革の表面を樹脂で均等にコーティングする表面を滑らかにした革です。

 

靴などをつくる場合、革特有の模様(血筋やシワなど)が入っている部分は使われないことが多いです。
しかし、表面をコーティングすることでその模様を覆い隠すことができるため、模様があって検品で弾かれてしまうような革も製品化することができます。
それによって、コストを抑えられるというメリットがあります。

 

しかし、樹脂でコーティングすることで革本来の風合いを損ねたり、コーティングによってクリームなどが革に浸透しにくくなるためひび割れを起こしやすいといった側面もあります。
また、コーティングによって雨水を弾きますが、革を擦ってしまうと樹脂が剥がれてしまったりすることもあります。

 

 

 

ポリッシュドバインダーカーフも樹脂でコーティングされていますが、ガラスレザーよりも樹脂が薄いと言われていて、クリームなどが浸透する革であると言われています。

 

僕にとってポリッシュドバインダーカーフは初めての革なので、どの程度お手入れのし甲斐があるのかいろいろと検証してみようと思います。

 

ステインリムーバーで汚れ落とし

 

だいたい新品の靴って乾燥してる場合が多いので、こういった水性のクリーナーが浸透して少し色が濃くなります。すぐに乾いて元に戻ることが多いので、臆せずステインリムーバーを塗ってみたいと思います。

 

全く浸透してないように見えますが。 笑

 

 

 

ただ、色だけは落ちてます。顔料系の塗料が落ちているんでしょうか…。
ステッチの周りからは多少色が落ちましたが、革自体からはそれほど色落ちはなく、さらに染み込む感じもありません。

 

デリケートクリームを塗ってみる

 

早くも諦めかけてますが、一応デリケートクリームを塗って反応を確かめてみます。
わずかでも浸透してくれるといいなぁと期待も込めて 。

 

ダメっぽいですね。笑
しばらくクリームが表面に残ったまま、乾いて成分のあとが残って見えます。

 

ダメ元でオイル系も

 

オイルも塗ってみますが、期待はしません。笑
あ、ですよね。

 

 

油分が浸透せず、表面に残っているのがわかります。

 

経年変化がどう進んでいくのか逆に楽しみです。

 

軽く履きジワをつける

部屋履きの段階で少し履きジワの位置決めだけしてみました。

 

 

もっとガラスレザーっぽい感じになるかなって思いましたが、案外やわらかいシワの入り方です。

 

履きジワは最初に入れといた方がいいよねって話はこちらの記事でご紹介しています。
シワも含めて靴の経年変化を楽しみたいですからね。納得する位置にシワを入れましょう!

 

気持ちよく革靴をエイジングするために最初の『シワ入れ』を惜しんではいけない…

 

 

ネタでスリッパも買ってみた

 

完全にネタですが、ギンギンのスリッパも買ってみました。笑

 

 

 

ちゃんとチャーチです。

 

 

 

勿体無いので、自宅では履かないと思います。
いざという時に使います。笑

 

 

最後に

 

ぽってりした可愛らしい靴なので、カジュアルな服装に合わせて履いていきたいと思います。

 

また1年2年先、この靴の変化の様子もお伝えできたらと思っています。
大切に履いていきます!

 

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました!

 

革靴のかっこいい理想の履きジワについて考える

よかったらこちらもどうぞ!

Share the post? シェアすんなよ!絶対すんなよ!
Related Posts 関連記事
Comments コメント
  1. くるくる より:

    お疲れさまです!
    リムーバーで色は落ちるのにクリームや油分が入っていかないのは笑いました、いや笑ってはいかんか、、、

    ポリッシュドバインダーカーフ、これからの成長?に注目ですね

    • くすみ より:

      くるくるさま、どうもお久しぶりです!
      コメントありがとうございます!
      いや、全然油分が入っていかないので、えぇ〜〜〜ってなりました。笑
      ガシガシ履いて育てていこうと思います!!笑

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

コメントは送信いただいてから表示されるまで時間がかかることがありますのでご了承ください。

Popular Categories 人気のカテゴリ
Instagram 革靴コレクション
僕の靴一覧はこちら
Profile プロフィール

レザーシューメディア・くすみ
東京
1986.9.25 愛知県生まれ
趣味で靴を磨いて8〜9年。革靴・靴磨きに関して情報発信をしています。自分のやりたいことをして生きる人生を模索しています。
音楽と甘いものも好きです。
詳しいプロフィールはこちら

月間最高41万PV
webサイト設計・制作・seoコンサル
お問い合わせ