クレム1925 “ダークブラウン”のお色の程をご覧ください!

クレム1925の素晴らしさについては、こちらの記事で長々とご紹介していますので、是非ご覧ください!

クレム1925の素晴らしさを思い知る



ダークブラウンの色

クレム1925は現時点で14色カラバリがありますが、ブラウン系のお色が多いです。
ダークブラウンはその中でもかなり濃い色のブラウンなのではないかと思います。ただ、パリジャンブラウンも負けてないですね。

なので、かなり濃い茶色の靴には合いやすいのではないかと思います。

ダークブラウンを塗ってみる

中古で購入したこちらの靴ですが、一度丸洗いしないと落ちないような雨のシミがありました。
あと、購入当初もかなり濃い色のクリームが塗り重ねられていたようだったので、一度しっかり落としたかったので、思い切って丸洗いしました。

45度のお湯に浸してサドルソープの泡で優しく洗います。
洗面台などでやるとわかるのですが、すごいいろんな汚れが落ちます。笑

決して見栄えの良い写真じゃないので、あえて載せませんがすんごくスッキリします!靴によっても革によっても合う合わないがあると思うので、すごくおすすめかと言えばそうではありませんが、シミや汚れが目立ってきた靴は丸洗い案外いいですよ!

足は1日でコップ1杯分の汗をかくって言われていますね。 そもそも靴って地面に接してるわけだし、雨にも濡れるし、ラーメンの汁はこぼすしで、汚...

洗って3日間乾かしたものがこちら。

丸洗いして乾いた革靴は乾燥してカッチカチになってます。
クレムのダークブラウンを塗る前に、基本的なお手入れをしていきます。

コバを整える

紙やすりでコバの毛羽立ったところを削ります。

ダークブラウンのエッジ&ヒール レストアラーでコバに補色します。

エッジ&ヒール レストアラーのご紹介

タピールのレーダーオイル

これがないと始まりません!タピールのレーダーオイル。
塗りすぎるとベッタベタになってしまうのですが、うまく使えば本当に革が潤いを取り戻します。

レーダーオイルのご紹介

少しずつ塗っていきます。

もともと色の左右差はある靴ですが、右側(左足)の方が若干濃くなりました。

クレムのダークブラウン

フルブローグの靴なので、細かい部分までクリームが届くようにペネトレイトブラシで塗っていきます。

ペネトレイトブラシのご紹介

ペネトレイトブラシで全体的に塗って、豚毛ブラシでブラッシングしました。

やっぱり全体的に色が濃くなってるのがわかりますね。
クレムをたっぷり塗りこんだわけではないので、ものすごく濃い色になったかというとそうではありません。

ダークブラウンのワックス

ビーズワックスポリッシュのご紹介

ワックスもダークブラウンを使います。
つま先はちょっと濃くしすぎた感がありますが、それを除けばいい感じの色味に仕上がりました!

丸洗いして少し色が薄くなったので、この靴の色だと恐らくブラウンでもいけそうな気がします。
また機会があればご紹介します!

最後に

中古で買った靴なので、結構大胆なお手入れをしてみましたが、自分の好きなように仕上がるとそれはそれで愛着が湧きますね。
丸洗いを決行してよかったです!

この靴はダークブラウンで少しずつ濃くしていってもおもしろいかななんて思ってます。
ダークブラウン、いいかもって思われた方はよければ試してみてください!

最後までお付き合いいがだきありがとうございました!
革靴の磨き方もこちらでご紹介していますので、よければご覧ください!

はじめまして、くすみ(kusumincom)と申します。 こちらの記事では、革靴を綺麗な状態で履いてもらえるよう、簡単な靴...

related Entries

関連記事

Subscribe on YouTube

YouTubeチャンネルの最新動画はこちら

Profile

プロフィール

『革靴の魅力や靴磨きの楽しさをもっと多くの人に知ってほしい』という想いでブログやYouTubeで情報発信を行っています。 前職の経験からシューメーカーのブランドサイトやオンラインショップの制作・カスタマイズ、広告運用を受け持ったり、ブランディングや商品開発のコンサルなども手がけています。
詳しいプロフィール

月間最高閲覧数41万ページ
webサイト設計・コンサルティング
お問い合わせ

feedly でブログ更新情報を受け取りませんか?
feedly の無料アプリをご利用いただくとさらに便利です。